石原吉郎における 「個人と集団」

 

 1942年ソ連内務省軍によって逮捕され、1953年まで強制収容に収監された(注1)詩人、石原吉郎の「個人と集団」の問題ついて考察する。

石原吉郎における単独者の概念について思考する時「ペシミストの勇気」の存在を無視することはできないだろう。ペシミストの勇気とは石原吉郎の友人、鹿野武一について書かれた文章である。収容所では五列に隊伍を組まされ、その前後と左右を自動小銃を水平に構えた警備兵が行進するようになっており、もし一歩でも隊伍を離れる囚人があれば、逃亡とみなされその場で射殺してもいい規則となっていた。だが実際は逃亡を試みて囚人が射殺されることはなく、ほとんどは行進中につまずくか足を滑らせて、列外へよろめいたために射殺が起こっていたのである。したがって整列時、囚人にとって中間の三列に割り込むことが非常に重要な問題となっていた。だが石原の友人鹿野武一はいかなる場合でも進んで外側の列に並んだのである。石原は鹿野のこうした行動をペシミストの勇気と呼ぶ。石原は鹿野の行為を

 

 

加害と被害という集団的発想からはっきりと自己を隔絶することによって、ペシミストとしての明晰さと精神的自立を獲得したのだと私は考える(望郷と海-ペシミストの勇気)

 

 

と述べている。これを希望を捨てて最悪の場所に進んで選択する勇気という意味で捉えるのは間違いであろう。ペシミストの勇気とはそうした勇気ではなく、あらゆる環境を流動的で平等なもの(ここでは加害と被害の関係が全くの偶然により入れ替わる状況)と見なす勇気のことである。(注2)もっと言えば、加害と被害の流動のなかで、加害者を自己に発見し、衝撃を受けただ一人、何も告発することなく集団を去る、そのうしろ姿こそが勇気の証なのだ。だが石原はそうした勇気は不特定多数の何も救うことはないと言い切る。そこで救われるのは単独者としての自己の位置なのであると。しかし「単独者としての自己の位置を守る」ということは何を意味しているのだろうか。この言葉の意味を理解するには石原吉郎にとって「集団と個人」が一体どのように捉えられているのかを理解する必要があるだろう。
石原吉郎は最後までシベリア抑留の経験を告発することがなかった。それは「連帯において被害を平均化」する告発を石原は避けようとしたからである。

 

 

私が知るかぎりのすべての過程を通じ、彼はついに〈告発〉の言葉を語らなかった。彼の一切の思考と行動の根源には、苛烈で圧倒的な沈黙があった。それは声となることによって、そののっぴきならない真実が一挙にうしなわれ、告発となって顕在化することによって、告発の主体そのものが崩壊してしまうような、根源的な沈黙である。(ペシミストの勇気)

 

 

告発をせず沈黙すること。それが個人が個人であることを保証する最後の砦なのではないだろうか。主体が何者にも語りえない、理解されない出来事を被害の連帯により、告発することで決定的な-それこそ個人の存在と呼んでいい-なにかが失われてしまう。そのことを石原は鋭く捉えていたのではないかと感じる。ペシミストの勇気が「単独者としての自己の位置を守る」ことに繋がるのは、「告発しないことが個人を個人たりうるものにしている」からではないだろうか。
こうしたことから、石原吉郎にとって「個が集団の中に消えていく」ことが重要な問題になっていたのではないかと考える。「確認されない死のなかで」では

 

 

ジェノサイドのおそろしさは、一時に大量の人間が殺戮されることにあるのではない。そのなかに、ひとりひとりの死がないということが、私にはおそろしいのだ。人間が被害においてついに自立できず、ただ集団であるにすぎないときは、その死においても自立することはなく、集団のままであるだろう。死においてただ数であるとき、それは絶望そのものである。人は死において、ひとりひとりその名を呼ばなければならないものなのだ。(確認されない死のなかで)

 

 

という風に語られており、また「詩と信仰と断念と」の中では

 

 

人間が誰に知られない場所で死ななければならない時、さいごにその人にのこされる希求、どうしようもない願いとは何か、ということであります。おそらくそれは、彼がその死の瞬間まで存在したことを誰かに伝えたいという願いであり、彼がまぎれもない彼として死んだという事実を、誰でもいい、だれかに伝えたいという衝動ではないかと思います。(略) しかも、それを確認させるための手段として、最後に彼に残されたものは彼の姓名だけだという事実ほど救いのない、絶望的なものはないだろうと思います。(詩と信仰と断念と)

 

 

と語られているが、これらも「個が集団の中に消えていく」の問題が間違いなく通奏低音として流れている。数ではなく名を呼ばれなければいけない。それは個が集団の中に消えていく、消されることに対する石原の批判なのではないか。
シベリア抑留や戦争、戦後を通じて石原吉郎が見出した問題。それは集団や安易な連帯の中に消えていく個人を個人たらしめているなにかを問い、思考することではないだろうか。

 

 

注1 石川巧・川口隆行編『戦争を〈読む〉』(ひつじ書房 / 2013年)

 

注2 中島一夫『収容所文学論』(論創社 / 2008年) 媒介と責任

 

参考文献

 

石原吉郎『望郷と海』(みすず書房 / 2012年)

石原吉郎石原吉郎詩文集』(講談社文芸文庫 / 2005年)

中島一夫『収容所文学論』(論創社 / 2008年)

勢古浩爾石原吉郎』(飢餓陣営叢書 / 2013年)

石川巧・川口隆行編『戦争を〈読む〉』(ひつじ書房 / 2013年)